首イボ除去料金 首イボレーザー料金

首イボの悩み!除去にも色々な治療方法。レーザー除去料金なら?

 

 

 

お肌のトラブル、年齢とともに古い角質が固まって、
イボとなってしまうと誰でも気になり、どうしたら除去出来るか考えます。

 

 

特に目につく首まわりとかにできるイボは厄介もの。

 

 

ではイボの除去について色々な治療方法がありますのでみていきましょう。

 

 

 

 

イボの種類と皮膚科のレーザーについて!

 

 

どんなイボでも形、大きさ、数、種類の違いはあるんです。

 

 

ここでしっかりお伝えするのならば、
良悪性のイボであるか?そんな判断が必要です。

 

 

ここは素人判断では難しいので、
皮膚科受診が望ましいです。

 

 

皮膚科では、イボの状態の診断を受け・・・

 

大きさもそうですが、ウイルス性なのか?

 

 

そんな診断の後、
保険適用で、どこまで可能なのか?

 

 

まず相談し、
自費と保険の区別での治療法を相談することが大切。

 

 

これが、小さいイボだと、
即日処置をしてくれることがほとんど。

 

 

しかし、

 

・イボの数が多い!

 

・大きなイボが比較的ある!

 

といった場合は、後日処置を行うことが多いですね。

 

 

 

 

 

・ウイルスに感染してできる首イボ

 

・それ以外の非感染の首イボ

 

 

おおよそ、首イボは加齢によってできるもの!

 

と判断してもらっても、大方間違いはございません。

 

 

 

 

 

他の診療科として、形成外科はどうなのしょうか?

 

これは、

 

・怪我や火傷の後、

 

・先天性の問題

 

・乳房再建術

 

 

イボに関しては皮膚科で診断して、
総合病院ではまれに形成外科へオススメすることもあります。

 

 

美容の分野として、イボを取り除く時は、
専門は美容皮膚科!ということになりますが、

 

自費診療が多く保険診療内ではできる範疇が決まっており、
大半が保険診療外の領域が多いです。

 

 

先にも話ましたが、
皮膚科でイボの良性か悪性かを判断し
出来るだけ費用を安く抑え、跡などを残さず、再発防止していくことが大事になります。

 

 

 

最近ではハサミなどで切除、
液体窒素を使用した切除、
レーザーを使用した切除、手術で患部を切除と方法はあります。

 

 

 

 

気になる費用!

 

 

最近よく耳にするレーザーでのイボ切除ですが、
レーザー治療の場合、再発しにくいことがいい治療といわれてます。

 

 

保険適用範囲で3割負担ですと5千円〜ですが、
イボの範囲、大きさで費用は変わってきます。

 

 

また美容目的で保険が適用されない場合もありますので、
診療の時にいくら掛かるかの確認はした方がいいでしょう。

 

 

 

 

コスメで改善を目指すなら、おすすめクリーム

 

 

首イボの治療でオススメなのはまず皮膚科で
相談して悪性の場合は処置することです。

 

 

イボの種類が良性の場合は手軽に使える
首イボのケアするクリームも改善に期待できるので先に試されるのも方法のひとつです。

 

 

 

イボの場合は再発する可能性もありますので
専用のイボケアクリームで除去、再発防止もしていきたいですね。

 

 

 

⇒首イボクリームなら!